2008年05月22日

『唐紙の美 唐長展』とらや東京ミッドタウン店

『唐紙の美 唐長展』
      
昨日、イームズ写真展を観た後に東京ミッドタウンへふらりと寄ったら、とらやのギャラリーで素敵な企画展が! 
唐紙を作る京都の老舗「唐長」さんの『唐紙の美 唐長展』が開催されていました。 
  
照明を落とした小さなギャラリースペースには陰影の美の世界が。
光のあたり方によって表情の変わる文様、唐紙ランプの柔らかい光がゆらめく水面など。。
美しくてうっとり。
静寂の中、こころが洗われるようなひとときでした。
  
この企画展にあわせて作られたポストカードなども販売していました。
『唐紙の美 唐長展』 
何種類かあったのですが、桜と千鳥模様と、
 
写真では模様がわかりづらいですが…、雲母刷りされたものを購入。
『唐紙の美 唐長展』    
光によって表情が変わり美しいです。
       
そして、今回の企画展とは関係ありませんが、虎屋に受け継がれる「御棹菓子見本帖」から、羊羹などの棹物の意匠を栞にした「文香しおり」を購入。
『唐紙の美 唐長展』 
こちらは、夏を表現した「花使」
この他にも春は「山桜」秋は「村紅葉」冬は「雪の下草」の3種類もありました。
   
東京ミッドタウンのとらやさんは和菓子だけではなく、ギャラリーや和の美しい品々もあり素敵です。
 
『唐紙の美 唐長展』とらや東京ミッドタウン店 5月29日(木)まで。


posted by monsen at 00:31 | アート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。