2008年04月22日

『アヌ・トゥオミネン 森の住人』Art-U room

『アヌ・トゥオミネン:森の住人』
        
先日、Art-U roomで現在開催されている『アヌ・トゥオミネン 森の住人』展を観にいってきました。
フィンランドのアーティスト、アヌ・トゥオミネンさん。
身近な道具や素材を使って作りだされる作品は、どれも愛らしく、くすりと笑ってしまうようなユーモアもあって、とても素敵でした。
   
今回は「森」にまつわる素材や題材を扱った作品を集めて展示ということで、絵本の中に迷い込んだような、小さな可愛い森の空間がそこには広がっていました。
使い古された毛糸の靴下を縫い合わせて出来た小道や、手袋で作られた小動物や巣。小さく削られた鉛筆でできた木の実などなど。
   
HPのほうでは、今回展示の様子が紹介されています(→こちら
また、(→こちら)ではアヌ・トゥオミネンさんの作品や以前に展示された作品も見ることができますよ。
     
身近な素材で作られているからか、可愛いだけではなく、どこかホッとこころ落ち着くような、愛おしく温かみのある作品たち。
展示は27日(日)までです。興味のある方はぜひ。
      
『アヌ・トゥオミネン 森の住人』Art-U room 〜4月27日(日)まで


posted by monsen at 00:37 | アート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。