2007年09月14日

『数字展 NUMBER 07』Gallery it's

『数字展 NUMBER 07』
  
渋谷区にある Gallery it's で現在開催中の『数字展』に行ってきました。
この展覧会では、コラージュやドローイング、活版印刷など、主に紙を素材に作品を制作しているアーティスト(井上陽子・西舘朋央・to-kichi・武井実子・飯田竜太・二月空)の方たちが数字を題材に作られた作品が展示されています。
  
昔から、なぜか気になる数字。
意味もなく数字が入っているだけで、なんだか可愛く見えたりするから不思議です。
そんな数字を取り扱った作品展。
どれも可愛くて、見てるだけで楽しい気分になります。
紙と数字という題材ですが、やっぱり作家さんによって色々な味があって面白いですね。
   
そして、購入したものはこの数字展とは関係のない作品ですが、前から気になっていた数字展にも参加している武井実子さん(SAB LETTERPRESS サブレタープレス)のポストカードです。
   
『数字展 NUMBER 07』
可愛い羊と
  
『数字展 NUMBER 07』
たまねぎ
  
活版印刷で刷られたポストカードです。
画像では伝わらないのが残念ですが、なんともいえない独特の風合いがとても可愛いです。
  
『数字展 NUMBER 07』
また、裏(表?)に入っているロゴもとっても可愛い。
   
そして、数字展を観た後は、Gallery it's の近くにある maruse で数字展にも参加している西舘朋央さんの展覧会『My chair is shy of stranger』も今日から始まっているということで、こちらにも行ってきました。
『数字展  NUMBER 07』
  
雑誌の切り抜きやチラシ、お菓子の包み紙など身近にある素材をコラージュして作り出された数々の椅子たち。
どれも、たくさんの思いがつまっている感じが伝わってきて素敵です。
  
お店の片隅の様子。
『数字展 NUMBER 07』
(許可をいただき撮影)
  
上の写真の机で、西舘朋央さんが実際に作業をし、後ろの壁のコラージュを制作しているらしく、その制作途中のままの姿で存在しています。
これも作品の一部となっていて面白いです。
    
作業途中の机の上はこんなかんじ。
『数字展 NUMBER 07』
  
机の後ろのコラージュも今後、時々によって変化していくみたいです。
その時々にしか出会えない作品。なんかいいですね。
また、その場で流れていた音楽も西舘朋央さんが作ったものらしく、これもまたその場の雰囲気を際だてていていい感じでした。
   
Gallery it'sもmaruseも今日初めて訪れたのですが、どちらもお店の方がとても親切で、色々と説明をしていただけたので、より楽しめてヨカッタです。
小さなお店とかだと入るのもちょっとドキドキしてしまいますが、こういうお店だと安心で嬉しいですよね。
    
『数字展 NUMBER 07』Gallery it's 〜 9月18日(火)
『My chair is shy of stranger』maruse 〜 9月24日(月)


posted by monsen at 23:54 | アート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。