2007年02月25日

『柳宗理と出西窯−黒土瓶の仕事をめぐって』 ギャラリーTOM

柳宗理と出西窯
     
渋谷、松濤のギャラリーTOMで本日まで開催されていた『柳宗理と出西窯』展を観に行って来ました。
以前から気になっていた柳宗理デザインの出西窯(出西窯は民芸の窯としても知られる窯元)の作品が展示されているということで、絶対に観に行きたい!と思っていたので、なんとかギリギリ観に行くことができてよかったです。
  
写真もOK!とのことだったので、何枚かの写真とともに紹介していきたいと思います。 
 
柳宗理と出西窯 
まずは今回の主役の黒土瓶と湯呑、丸皿など。
デザイン、そして独特な釉薬。どれもシンプルなのにどっしりと存在感があり、とても素敵です。
 
柳宗理と出西窯
黒土瓶の製作に使う石膏型の展示。
その横では黒土瓶を製作しているところがビデオで流れていました。普段見ることのできないものが見れて、とても興味深かったです。
 
柳宗理と出西窯
これは、「黒土瓶のつる」について展示されたもの。
つるもひとつひとつ職人さんの手仕事により作り出されています。
黒土瓶のつるのような優れたつるを作れる職人さんは、日本にはもう数えるほどしか存在しないそうです。(なんだか寂しいですね)
  
柳宗理と出西窯
中央には柳宗理デザインのものがディスプレイされていまいた。
黒と青みがかった緑が心うたれる中井窯の器も中央に。素敵です。
 
柳宗理と出西窯
2階には、出西窯オリジナルの品々が展示されていました。
また、ビデオでは、出西窯の現場を見ることができます。
登り窯での作業風景はなんだか神聖な感じです。
炎と対話しながら、人と自然が共同で生み出しているんですね。(すごいなぁ。)
 
柳宗理と出西窯
最後に、出西窯オリジナルのエッグベーカーなど。かわいいです。
 
今回の展示会では、改めて手仕事の奥深さや大切さを感じることができて、とてもよかったです。
  
また、現在東京国立近代美術館で開催されている『柳宗理 生活のなかのデザイン』展も時間があったら観に行きたいです。
こちらは3月4日(日)までです。


posted by monsen at 23:48 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。