2012年04月22日

ジャクソン・ポロック展と原弘展 東京国立近代美術館

ジャクソン・ポロック展&原弘展 東京国立近代美術館

昨日、『生誕100年 ジャクソン・ポロック展』
『原弘と東京国立近代美術館 デザインワークを通して見えてくるもの』を観に
東京国立近代美術館に行ってきました。

ポロック展のほうは、初期の作品から時系列に沿った展示になっていて
作風の変化がよくわかり、面白かったです。
実際に観るアクション・ペインティングの作品は迫力が違い、
引き込まれるものがあります。
また、苦悩と葛藤が伝わってくる作品が多かったのも印象的でした。


アトリエの再現も。

ジャクソン・ポロック展&原弘展 東京国立近代美術館




そして、楽しみにしていた原弘展。
まず会場に足をふみいれて、ポスターがずらりと並んでいる姿に興奮。
版下もあり、一つ一つじっくり観賞。心躍る楽しい時間でした。

図録も購入したので、これからゆっくりと楽しみたいと思います。

ジャクソン・ポロック展&原弘展 東京国立近代美術館


また、東京国立近代美術館60周年記念サイトのポスター・アーカイブでも作品を見ることができます。
かわいいデザインがたくさん。眺めていて楽しいです。

東京国立近代美術館60周年記念サイト『ポスター・アーカイブ』



どちらの展示も5月6日までです。
どうせなら桜の綺麗な時期に見に来たらよかったなぁと、
北の丸公園をお散歩しながら、ちょっと残念。


東京国立近代美術館 5月6日(日)まで。
『生誕100年 ジャクソン・ポロック展』
『原弘と東京国立近代美術館 デザインワークを通して見えてくるもの』


『生誕100年 ジャクソン・ポロック展』

『原弘と東京国立近代美術館 デザインワークを通して見えてくるもの』


posted by monsen at 20:45 | アート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。