2010年05月10日

『猪熊弦一郎展「いのくまさん」』 東京オペラシティアートギャラリー

『猪熊弦一郎展「いのくまさん」』
         
開催前から楽しみにしていた、東京オペラシティアートギャラリーで開催中の『猪熊弦一郎展「いのくまさん」』に先日行ってきました!
2006年に出版された絵本『いのくまさん』が元になった展覧会で、絵本と同様、猪熊弦一郎さんの作品と谷川俊太郎さんの文章によって構成されています。

上野駅の壁画や三越の包装紙のデザインなどで知られる猪熊弦一郎さん。
どの作品も可愛らしかったり、ちょっとへんてこだったり、ユーモアや遊び心があって大好きです。
そんな作品を今回たくさん実際に見ることができて、嬉しかったです。
猪熊さんの作品以外にも、猪熊さんが日常生活の中で大切にコレクションしていたものも展示されていて、どれも欲しい!って思ってしまうような可愛らしくて素敵なものばかり。見ていてとても楽しかったです。

また、構成が「顔」「鳥」「猫」「色」「形」といったテーマにわかれていて、それぞれにそえられている谷川俊太郎さんの文も素敵で、とても見応えのある展覧会で大満足でした!
猪熊さんの展覧会以外にもアートギャラリーで開催されていた、『喜多順子展』と収蔵品展『ジオメトリック・イメージズ』も面白かったです。
 
 
そして、ポストカード7種と
 
『猪熊弦一郎展「いのくまさん」』
 
  
ハンカチ、顔シール、便せん、封筒を購入。
 
『猪熊弦一郎展「いのくまさん」』
 
 
ポストカードは早速、机まわりに飾って、楽しんでいます。
 
 
『猪熊弦一郎展「いのくまさん」』→ 東京オペラシティアートギャラリー 7月4日まで。


posted by monsen at 20:47 | アート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。