2009年05月12日

姫路文学館

姫路文学館
          
姫路城見物の後、姫路文学館にも行ってきました。
建物は安藤忠雄氏によるもの。
時間がなかったので、中には入らず周りだけ見学。
 
  
こちらは南館。 
姫路文学館 
 
     
そして、
姫路文学館
大正期に建てられたという日本建築の「望景亭」というところもありました。
  
姫路文学館
 
  
こちらは中に入って見学。
 
   
まず気になったのが、美しい板戸絵。
姫路文学館 
この写真の他に、孔雀や鶏などの板戸絵が計5ヶ所にありました。
 
  
そして和室。
姫路文学館 
欄間や障子など趣のある空間が素敵です。 
 
上の写真のお部屋もそうですが
他のお部屋でも、照明だったり
姫路文学館 
    
襖の引手が。。。!
姫路文学館
  
ホントに細部まで趣向が凝らされていて面白いです。
 
  
外では日本庭園も楽しめました。
姫路文学館
 
  
そして、最後に望景亭から見た文学館。
姫路文学館
昔ながらの趣のある日本建築と、かっこ良い安藤忠雄建築。
なんだか面白いです。


posted by monsen at 20:19 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。